車両保険のすべて−賢い自動車保険の選び方−

車両保険のすべて
車両保険とは、衝突、接触、火災、盗難、台風、洪水などの偶然な事故により、被保険自動車(保険対象の車両)に生じた物的損害を補償する保険です。この車両保険には、補償範囲によっていくつかのタイプがあります。
 
車両保険の主な支払対象
被保険自動車(保険対象の車両)の所有者
一般的には保険契約者=所有者となりますので、契約者に支払われますが、ローン購入などの事情から保険契約者=使用者で、所有者がローン会社ディーラーなど別にいる場合、全損事故(修理不能)によって契約者に保険金を支払うためには、所有者の了解が必要になることもあります。
車両保険の支払内容
代表的な車両保険のタイプ(保険会社によって多少内容が異なる場合がありますので詳細は保険会社にお問合わせください)
車両保険のタイプ 一般車両保険
(一般条件)
車対車+A車両保険
(エコノミー)
電柱などの自動車以外のものとの衝突(単独事故)やあて逃げによる損害 対象 対象外
補償されません
落書きや窓ガラスの破損による損害 対象 対象
他の自動車やバイクとの衝突による損害 対象 一部対象
相手車両の確認が必要
火災・爆発・盗難 台風・洪水による損害 対象 対象
車両保険の保険料 高い 一般車両保険より
安い
車両保険の支払わない場合
無免許や酒気帯び運転による場合
故意や自殺行為または犯罪行為による場合
詐欺・横領による場合
車両の欠陥・摩耗・腐食・さびなどの自然消耗による場合
故障による場合
タイヤのみの損害の場合

車両保険のおすすめ限度額
車両保険・・・限度額(保険金額)は自動的に市場価格(時価額)となりますので、おすすめ限度額はありませんが、年式の古い車両は、車両保険に加入してもメリットが望めない場合もあります。
 
車両保険について(総括)
この車両保険は、事故で車両に損害が発生した場合に支払われる、あなたの財産を守る保険です。自動車の価値が財産といえる方には大変おすすめです。
 
最近は盗難防止装置の普及により、盗難件数が減りましたが、それでも被害は確実に発生しています。エコノミータイプでも盗難による損害を補償しますので、年式の新しいお車をお持ちの方は検討してみてください。
 
車両事故は避けようのない「もらい事故」と、免許を取ったばかりで運転に不慣れだったり、車を買替えてまだ運転になじめないなどが原因による「必然事故」とに分けることができます。運転歴が長く、壁や塀などにぶつかることはないという方は「もらい事故」に備えるためエコノミータイプを!
 
免許をとったばかりの息子さんが運転するであったり、軽自動車から、馬力の大きいスポーツカーに買替えたなど運転が心配な方は「必然事故」に備えるため一般条件タイプを検討してはいかがでしょうか。
 
盗難車種について詳細は
「トップページ賢い自動車保険の選び方」をご覧ください。
PR広告
ご来店不要、インターネットで申込可能な日立のマイカーローン
ハイオク10円/L引き レギュラー・軽油5円/L引き
高速代でソンをしていませんか?【10のお得】が君を待っている
ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム
お気に入り追加
賢い自動車保険の選び方
通販型自動車保険はこう選べ!元損保マンがこっそり教える秘訣とは?
自動車保険の構成
対人賠償保険
対物賠償保険
車両保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車傷害保険
自損事故傷害保険
見積請求ポイント
通販保険会社一覧
アクサダイレクト
そんぽ24
チューリッヒ
無料見積提供会社
インズウェブ
保険会社20社の無料見積りが一度に請求できます
PR広告
当サイトはリンクフリーとしておりますが、当サイト内の内容・コンテンツは、すべて自動車保険研究会
帰属し、許可なく複製・掲載することを禁じます。
Copyright (C) 2006 Jidousyahoken Kenkyukai. All Rights Reserved